ハードウッド木材とソフトウッド木材

無垢の木材は一般的にハードウッド木材とソフトウッド木材に二分されています。

ハードウッド

ハードウッド木材は広葉樹の木から取れる木材で、その名の通りとても硬く密度があります。メイプル・オーク・ヒッコリーといった木は毎年葉を入れ替えながらゆっくりと成長していくため木の繊維がとても密になります。

硬く耐久性があり、質の良い家具や楽器などに使われ、また耐火性にも優れているのでフローリングなどにもよく使われます。ただし、丈夫な家具を作るのに向いていますが、加工が難しくどうしても価格があがるためハイエンドな家具向きになります。

また、成長するのに時間がかかるため、近年ハードウッドの木材は希少になっています。日本の大工さんや家具職人の話によると、質の良いものを日本国内で手に入れるのはだんだん難しくなってきているそうです。しっかりと見極めて買わないと、束を開けてみたらほんとにレッドオークなのかと思うものも多かったり、また気をつけないと出どころがわからない木材も出回っているそうです。イギリスのシンクタンク『チャタムハウス』の調査によると、残念ながら日本は違法伐採された木材(違法木材)の流出先の一つとして大きな割合を占めているそうです。これはハードウッドに限ったことではないでしょうが。

ソフトウッド

ソフトウッド木材は針葉樹から取れる木材でヒノキ・パイン・杉などがあります。

こういった木は成長が早く縦にまっすぐ伸びることから家の柱や梁などによく使われます。

軽く安価で加工が簡単なことからもDIYによく使われ、ホームセンターなどでも手に入りやすい木材です。

アーミッシュ家具の木材

アーミッシュ家具の最も大きな特徴の一つはハードウッド木材を使った手作り家具であるところです。

当店で取り扱うアーミッシュ家具はすべて北米産のハードウッド無垢材を使用しています。

メイプル・レッドオーク・チェリー・ヒッコリーなどを使っています。

Scroll to Top